予防接種のご案内

子宮頚がん

子宮頸がんは、ヒトパピローマウイルス(HPV)の感染によって発症します。ただし、HPVは人の皮膚や粘膜に存在するごくありふれたウイルスで、100種類以上の型が存在します。その中で、発がん性の高い型は子宮頸がんを、発がん性の低い型は尖圭コンジローマなどを引き起こします。
感染原因のほとんどは性交渉によるもので、年齢を問わず感染の可能性があります。感染をしてもほとんどが一過性でウイルスは自然に排除されます。しかしウイルスが排除されずに長期間感染が続くと、ごく一部のケースで子宮頸がんを発症します。
ウイルスに感染して子宮頸がんを発症するまで数~十数年を要するため、この間に検診を受け前がん状態を早期発見し、治療することが可能です。ワクチンと検診で子宮頸がんの予防に努めましょう。

子宮頸がん(HPV)ワクチン

HPVワクチンは、2価ワクチンと4価ワクチンの2種類あります。2価ワクチンは初回から1か月後に2回目を、初回から半年後に3回目を接種します。4価ワクチンは初回から2か月後に2回目を、初回から半年後に3回目を接種します。

副反応
接種後に持続的な激しい痛みを感じることがあるとの報告もあります。希望者の方は、事前に医師にご相談ください。

 


対応可能な予防接種(13歳以上に限る)

  1. 二種混合(麻しん+風しん)
  2. インフルエンザ
  3. A型肝炎
  4. B型肝炎
  5. 肺炎球菌
  6. 子宮頚がん

 
 

診療案内

診療時間
09:00~12:30
15:00~18:00

※休診日/日曜日・祝日・木曜日と土曜日の午後は休診
※完全予約制 (急患は除く)
※△:木曜日・土曜日は12:00まで

[ 2021年診療日カレンダー ]

診療科目

内科 肝臓内科
消化器内科 内視鏡内科
放射線科  

検査内容

内視鏡検査

  • X線一般撮影(デジタル撮影)
  • エコー検査(腹部・心臓・頚部血管・甲状腺・末梢血管・腎動脈:腹部は院長も診察時に随時施行)
  • 心電図
  • ホルター心電図(24時間心電図)
  • 脈波測定(動脈硬化判定)
  • 骨塩定量(DEXA法)
  • 睡眠時無呼吸症候群簡易検査

川口メディカルクリニックの取り組み

  • 治験の扉
  • 研究業績集

検診のご案内

予防接種のご案内

スタッフ募集

リンク

がん治療ホットライン

LMF研究会

このページのTOPへ