肺炎球菌予防接種

 

 2014年10月1日から保険適応にて、65歳以上の人は5年間かけて順次予防接種が受けられるようになりました。具体的には 2014年度は、2015年4月1日までに65歳、70歳、80歳、85歳、90歳、95歳、100歳になる人、および101歳以上の人が対象です。
たとえば2014年9月30日に66歳になった方なら、4年後の2018年に70歳の時が対象になります。
*ただし保険適応にはなりませんが、65歳以上の方なら年齢を問わず接種できるワクチンもあります。プレベナー13と呼ばれるワクチンで予防効果が一段と高くなっています。詳しくは医師にご相談ください。

高齢者はインフルエンザ流行期になると肺炎球菌による肺炎死が多発しています。これを防ぐにはインフルエンザと肺炎球菌のワクチンを併用することをお勧めします。

 

生年月日で自分が保険適応対象かどうかを判断するための一覧表はこちらです。

>>>H29年度肺炎球菌ワクチン 

接種を希望される方は、健康保険被保険者証等の「住所」、「氏名」、「生年月日」がわかる公的身分証明書が必要です。また、身体障害者手帳(1級)をお持ちの方は持参ください。

自己負担額は3,610円です。(市民税非課税世帯の方で助成券をお持ちの方は1,800円になります。生活保護受給世帯の方で無料券をお持ちの方は無料になります。助成券・無料券の申請は岡山市保険所保険課にお問い合わせください。電話086-803-1269

注意事項:過去に肺炎球菌23価ワクチンを自費・公費問わず接種したことがある方は対象外です。13価ワクチンを接種された方は対象になります。

 

 

診療案内

診療時間
09:00~12:30
15:00~18:00

※休診日/日曜日・祝日・木曜日と土曜日の午後は休診
※完全予約制 (急患は除く)
※△:木曜日・土曜日は12:00まで

[ 2017年診療日カレンダー ]

診療科目

内科 肝臓内科
消化器内科 内視鏡内科
放射線科  

検査内容

内視鏡検査

  • X線一般撮影(デジタル撮影)
  • エコー検査(腹部・心臓・頚部血管・甲状腺・末梢血管・腎動脈:腹部は院長も診察時に随時施行)
  • 心電図
  • ホルター心電図(24時間心電図)
  • 脈波測定(動脈硬化判定)
  • 骨塩定量(DEXA法)
  • 睡眠時無呼吸症候群簡易検査

川口メディカルクリニックの取り組み

  • 治験の扉
  • 研究業績集

検診のご案内

予防接種のご案内

スタッフ募集

リンク

がん治療ホットライン

LMF研究会

このページのTOPへ
メールフォームでのお問い合わせ メールでのお問い合わせ