健康図書館

C型肝炎におけるペグイントロンとペガシスを使った3剤併用治療について

2014.01.21

 C型肝炎はC型肝炎ウィルスの感染が原因となる病気で、日本国内では薬140万人がC型慢性肝炎に罹患していると推定されています。放置しておくと47%が10年かけて肝硬変に、さらにその78%が10年で肝細胞癌になると報告されています。
 このたび、従来の2剤併用療法に新たな併用薬「ソブリアード」が承認され3剤併用療法という新たな治療が可能になりました。この治療は「インターフェロン治療に対する医療費助成」の対象となります。

 くわしい説明文書を作成していますので、下記よりダウンロード下さい。

ペグイントロンを使った3剤併用治療について

ペガシスを使った3剤併用治療について

お読みいただきありがとうございました。
[ 健康図書館一覧へもどる ]

診療案内

診療時間
09:00~12:30
15:00~18:00

※休診日/日曜日・祝日・木曜日と土曜日の午後は休診
※完全予約制 (急患は除く)
※△:木曜日・土曜日は12:00まで

[ 2017年診療日カレンダー ]

診療科目

内科 肝臓内科
消化器内科 内視鏡内科
放射線科  

検査内容

内視鏡検査

  • X線一般撮影(デジタル撮影)
  • エコー検査(腹部・心臓・頚部血管・甲状腺・末梢血管・腎動脈:腹部は院長も診察時に随時施行)
  • 心電図
  • ホルター心電図(24時間心電図)
  • 脈波測定(動脈硬化判定)
  • 骨塩定量(DEXA法)
  • 睡眠時無呼吸症候群簡易検査

川口メディカルクリニックの取り組み

  • 治験の扉
  • 研究業績集

検診のご案内

予防接種のご案内

スタッフ募集

リンク

がん治療ホットライン

LMF研究会

このページのTOPへ
メールフォームでのお問い合わせ メールでのお問い合わせ